フィールドギア

【レビュー】夏におすすめ!アルパインデザインのポップアップメッシュシェルター

スポンサーリンク

今回、持っていると夏キャンプがより楽しくなる「ポップアップメッシュシェルター」を紹介!

このアイテムがあれば寝ている時に虫に刺されることなく、夜でも暑い夏のキャンプを快適に過ごすことができます!

実際にこのアイテムを使用している私が細部まで詳しく解説していきます。

夏のタープ泊やコット寝に組み合わせるのが超オススメですので、気になる方は是非チェックしてみてください!

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)とは

Alpine DESIGN(アルパインデザイン)は大手アウトドア量販店である"スポーツオーソリティ"のオリジナルブランドでアウトドアウェアや登山用品、キャンプ用品と様々なアイテムを取り揃えています。

機能性バツグンな上にお手頃な価格のアイテムが多く、老若男女問わず好まれるアイテムばかりです。

ポップアップメッシュシェルターとは

ポップアップメッシュシェルターはこちらの写真のような1人用のシェルターです。

全面にメッシュ素材が使用されているため通気性が良く、夏キャンプに最適です。

インナーテントが付属しないテントやソロキャンプでのタープ泊なんかにも活躍できそうですね。

またこのアイテムの最大の特徴は”ポップアップ式”であることです。

「ポップアップって・・・何??」と思う方もいると思うのでさらっと解説します。

ポップアップとは「突然現れる」や「飛び出す」といった意味を持っています。

よく目にするポップアップテントとはその名の通り飛び出すように設営ができる超ラクラクなアイテムなんです。

ポップアップテントで有名なケシュアには「2 SECONDS」という名のテントがあり2秒で設営できるほど簡単だと紹介されています。

また今回紹介するポップアップメッシュシェルターも同様に止めゴムを外すとポップコーンが弾けるようにシェルターを設営することができます。

けーし
初めて設営したとき、その速さと楽さに感動しました!

ポップアップメッシュシェルターの基本情報

使用時のサイズ

ポップアップメッシュシェルター設営時のサイズは約203×63×65(h)cmで、シュッとしてスタイリッシュな見た目。

中も十分広くなっていますが、先端に向かうにつれて幅が狭くなっているので縦方向の有効スペースは200cmもありません。

試しにサーマレストのZライトソルを入れてみたところ、端が突っかかり伸ばしきることができませんでした。

Zライトソルの長さは183cmなので、180cmぐらいが有効スペースと言えます。

そのため、身長180cmぐらいまでなら足や頭が当たることなく使用できそうです。

高さは方向に関しては65cmと十分に余裕があり、狭すぎず広すぎないベストなサイズ感です。

持ち運びやすいサイズ

収納時のサイズは約60×60×4(h)cmと少し大きめですが、使用時のサイズに比べるとかなりコンパクト。

重量も約1.2kgと軽いので、片手でもラクラク持ち運ぶことができます。

また、持ち手が長いので肩にかけて持ち運ぶことも可能ですよ。

荷物が多いときでも一度に持ち運べるので嬉しいですよね。

自然にマッチする2色のカラー展開

ポップアップメッシュシェルターは「カーキ」または「コヨーテ」の2色から選ぶことができます。

どちらのカラーも自然に合う色合いなので様々なテントやタープにマッチするのは勿論、既に持っているキャンプ用品とも合わせやすいです。

けーし
私はサーカスTCに合わせるために「コヨーテ」にしました。

財布に優しいお手頃価格

非常に便利なアイテムのポップアップメッシュシェルターですが、気になるのはその値段ですよね。

実はこのアイテム、5,000円以下で手に入れることができます!

スポーツオーソリティのオンラインストアでの価格は”4,389円”と超良心価格。

この値段で夏キャンプの夜が快適になる事を考えると、めちゃめちゃコスパが良いアイテムだと断言できます。

購入時の付属品

購入時にはシェルター本体に加えて「収納ケース」と「ペグ4本」が付属しています。

付属のペグはよくある"使えない"ペグ。

硬い地面で使用すると一発でダメになるやつです。

個人的にはペグ無しで使う前提で購入したので全く気になりませんでした。

基本情報まとめ

サイズ 約203×63×65(h)cm
収納サイズ 約60×60×4(h)cm
重量 約1.2kg
カラー カーキ、コヨーテ
価格 4,389円(2021/07月時点)
付属品 ペグ4本、収納ケース

ポップアップメッシュシェルターのディテール

入り口は1箇所

ポップアップメッシュシェルターの入り口は一箇所でファスナーで開閉することができます。

側面のほぼ全体が入り口になっていて、開口が大きいので出入りするのが簡単。

ファスナーは2つ付いているので使いやすい位置にファスナーを移動することができます。

小さな事ですけど、この構造だと嬉しいですよね。

またファスナーの開閉は滑らかで途中で引っかかることはありませんでした。

本体が軽い分、途中で引っかかると扱いにくくなることが懸念でしたが問題なしでした。

入り口のロールアップも可能

入り口上部にはロールアップ用のフックが付いているので開けたまま固定することができます。

マットやシュラフを入れる際に邪魔にならないのがgood。

実はこのロールアップ用のループは違う使い方も出来るんです!

シェルター内に入って入り口を閉めるとループが内側に来るように設計されています。

そのためループにランタンを引っ掛けるなんてことも可能になります。

これに気が付いた時には「お!考えられている!」と感心しました。

四隅にベグダウン可能

シェルターの四隅にはループが付いているので地面に固定することができます。

シェルター自体がかなり軽いので風が強いと飛ばされてしまいそうですが、ペグで固定できるなら安心ですね。

でも実際に使用する際は、マットやシュラフを入れるので飛ばされることも少ないと思います。

けーし
正直、飛ばされるような環境でキャンプはしたくないです。。

2つのベルトでコットに固定

シェルター本体の底面には2つのベルトが付いています。

そのベルトでシェルターをコットに固定することができます。

固定方法はバックルで止めるだけ。

固定されていない状態だと、シェルターごとコットから転げ落ちることも考えられますがこれなら安心ですね。

実際に私はシェルターごと落ちたことがあり、それ以降はちゃんと固定するようにしています。

固定するようになってからは落ちることはなくなりましたよ(笑)

みなさんも気を付けてくださいね。

内側ポケット付き

シェルターの内側にはポケットが付いていてスマホや車の鍵、財布等を入れることができます。

失くしたら大変な貴重品類を一か所にまとめておけるので安心できますよね。

収納時の手順書付き

慣れるまで苦戦が予想されるシェルターのたたみ方ですが、ポップアップメッシュシェルターはそんな不安を解消することができます。

なんと説明書が収納袋にくっついているのでどんな時でもすぐに読むことができます。

文字通りくっついているので収納袋ごと失くさない限り説明書を紛失することはありません。

すぐに物を失くす私にとっては本当に嬉しいです!

2つの気になるポイント

底面の強度

ポップアップメッシュシェルターはコットを使用しなくてもそのまま地面に置いて使うこともできます。

しかし、底面がペラペラなので地面の凸凹の影響が大きいのがネックです。

生地が薄いので、地面に尖った石があった場合に破れないかも心配な点です。

けーし
私は”コット寝”限定で使おうと思っています!

収納サイズ

最初の方にも収納サイズについては紹介しましたが、やはりコンパクトになるとは言っても収納サイズは約60×60×4(h)cmあります。

高さはありませんが全体的には少し大きめ。

オートキャンプなら何も問題はありませんが、バックパックでのキャンプには無理そうです。

バイクに乗せて持ち運ぶのも厳しいんじゃないかと思います。

快適な夏キャンプを楽しもう!

いかがでしたか?

今回は夏キャンプに最適なアイテム「ポップアップメッシュシェルター」を紹介しました。

あなたもこのポップアップメッシュシェルターで虫に刺されず過ごす快適なキャンプを楽しみましょう!

スポンサーリンク

-フィールドギア
-, ,

© 2022 Camp On Fleek Powered by AFFINGER5