寝袋・マット・コット

【注意点あり】ブルックリンアウトドアカンパニーのコットをレビュー

スポンサーリンク

こんにちは、けーしです。

最近話題になっているアウトドアブランドのブルックリンアウトドアカンパニー(BOC)って知っていますか?

一部商品は予約待ちというほど大人気。

私は数ある商品の中でも特にコットが気になり購入してみました。

結論から言うと、買ってよかった大満足のアイテムでした!

この記事ではBOCコットの良さだけでなく注意点も紹介します。

気になっている方やご購入を検討されている方に少しでもためになったら良いと思います。

ブルックリンアウトドアカンパニー(BOC)とは

BOC公式

ブルックリンアウトドアカンパニーは2016年にNYのブルックリンで誕生したアウトドアブランド。

庭先や自宅のリビングでも楽しめるようなアウトドアアイテムを目指しており、インテリア性の高いアイテムが多いです。

アウトドアアイテムは使う時間よりもガレージに眠っている時間が長いことに疑問を持ちこのようなブランドコンセプトとなっています。

BOCのコットの基本スペック

BOCコットの基本スペックは以下のようになっています。

項目 仕様
使用時のサイズ 190×約68×37cm(high)/190×約68×17cm(low)
収納時のサイズ 52cm×Φ18cm
重量 約2.5kg(※コットレグ含む3.2kg)
耐荷重 150kg
カラー ブラック/カーキ
価格 ¥15,980

基本的なスペックは他ブランドのコットと大差はなく、価格帯も同じぐらいです。

そんな中、なぜ私がこのBOCコットを選択したのか。

BOCコットを紹介するとともにその理由について説明していきます。

BOCコットの特徴

ハイとローの2way仕様

このコットはハイコットとローコットの2way仕様で状況に合わせて使い分けることができます。

私の場合、メインは乗り降りが楽なハイスタイルで使用しています。

ハイスタイルは椅子代わりにもなるので何かと便利ですよね。

一方、ソロ用のテントなど背の低いテントの中で使用するときはロースタイルに。

けーし
私の持っているテントだとユドゥンやブラックオルカ、ソロベースで良く使っています。

ロースタイルはテント内を広く使いたいときに有効です。

このようにテントやレイアウト、地面の状況に寄ってその場でサッと変えられるのは大変助かります。

収納がコンパクト

BOCコットの収納サイズは52cm×Φ18cmと片手で掴めるほどコンパクト。

今まで私が使っていたコットはハイコットで95cm×20cm×厚み15cm。

そしてローコットで70cm×20cm×厚み8cmだったので、それと比べると圧倒的に小さくなっています。

最近のキャンプ用品はどんどん性能が良くなり、そしてコンパクトになっていきますね!

けーし
一通りアイテムが揃っていても次々買い替えたくなってしまいます笑

見た目がおしゃれ

キャンプ用品で一番と言ってもいいほど大事なポイント!

それは「見た目が気に入るかどうか」ですよね。

その点については安心していただきたい。

BOCコットはシンプルで主張しすぎず、上品さのあるデザインでとてもおしゃれ。

BOCのコンセプトにもあるようにインテリア性を重視したアイテムで個人的にドストライクです。

カラーは”ブラック”と”カーキ”の2色があり、どちらの色も他のキャンプギアと相性が良いです。

個人的にはカーキの色味が好みで、一発で惚れました。

けーし
私がこのコットを購入した決め手はやはり「見た目」でした!

軽量なのに頑丈

コンパクトで軽量なBOCのコットですが耐荷重は150kgと申し分ないです。

フレームには航空機にも使用される超々ジュラルミン(A7075)、コットの生地には300Dのオックスフォードナイロンが採用されています。

150kgの耐荷重があれば大抵の人は問題なく使えるかと思います。

又、フレームには艶消し加工が施されていて高級感のある仕上がりになっており、BOCのこだわりが垣間見れます。

使用時のギシギシ音が少ない

どのコットでも大体の構造は同じで、布にフレームを通して張りをもたせる構造になっています。

そのため、フレームの歪みや布の張り具合のバランスが悪いと使用時にギシギシと音が鳴ってしまいます。

waqやnaturehikeのコットはこのギシギシ音が気になるとの声も・・・

一方、BOCコットはこのギシギシ音が全くと言っていいほどありません!

私がこれまで使っていたQualz(クオルツ)のローコットでは、この音が気になってなかなか寝付けないことがありました。

けーし
外で寝るだけでも神経質になりますので少しでも良い眠りにするためには結構重要!

その他のディテール

①フレームにはショックコード付き

メインフレームや脚用フレームにはショックコードが付いています。

バラバラにならずに済むので組み立ての時に大変助かります。

フレーム数が多いのでこのような気遣いが嬉しいですね。

②ハイコット用フレーム脚にロック機構がある

脚にはロック機構があるので持ち運び時にも外れにくくなっています。

差し込むだけでロックされるので特に大変な作業はありません。

③収納時に便利なベルクロテープ付き

脚フレームを分解するとばらばらとして収納袋にいれるのが大変になったりしますよね。

このアイテムは脚フレームにベルクロテープが付いているので分解後にもまとめることが可能。

ぶらぶらしたままだとフレーム内のショックコードに負担がかかりすぐに劣化してしまうので、あると嬉しいワンポイントですね。

けーし
このように細かい部分にも気を配れるメーカは信頼できそうですね

BOCコットの注意点

組立時に力が必要

コットは張りを出すために組立時にはある程度の力が必要。

それは他のコットでも同じなのでBOCコットに限った話ではありません。

BOCコットの場合は脚のフレームを組み立てるときに力が必要で、まあまあ大変。

新開発のロッキングシステムにより力が掛けやすいように工夫されているので多少は楽ですが、女性でも余裕♪とまではいかないです。

組立が難しい

初めてこのコットを組み立てる人にとっては少し難易度が高いです。

ちなみに私が初めてこのコットを使った際、手順を見ずに組立て見たところ全然わからずお手上げでした•••

キャンプをしたことがない人とグルキャンする時は自分でやらないと組立てられないと思います。

しかし、一度できるようになれば簡単で考えなくても作業で問題なく組立てできます。

組立に時間がかかる

コンパクトに収納できるメリットがある反面、組立手順が多いというデメリットも。

メインフレームや脚の展開・組立とやることが結構多い。

今まで展開して脚を4本はめるだけとか、フレームを2本組み立てるだけだったので少し手間に感じます。

けーし
それでも個人的にはコンパクトになるというメリットが大きいので問題なしです。

ネットショップで購入可能

BOCアイテムはAmazonや楽天市場でも販売しており、私もBOCコットを楽天市場で購入しました。

家に届くし、ポイント溜まるしで楽にお得に購入できるのはネットショッピングの利点ですよね。

まとめ

今回はおしゃれなアイテムを多く取り揃えるアウトドアブランドBOCのコットについて紹介しました。

他社のコットと大きく異なるポイントはやはりデザイン性の高さ。

様々なシーンで活躍できそうなので、これからより一層アウトドアライフが楽しみになりました。

あなたもこのBOCコットで一緒にアウトドアライフを満喫しましょう!

スポンサーリンク

-寝袋・マット・コット
-,

© 2022 Camp On Fleek Powered by AFFINGER5