寝袋・マット・コット

夏のキャンプに寝袋は不要?注意すべき点と快適に過ごすためのアイテムを紹介

スポンサーリンク

夏にキャンプを始める方が多く、初心者にとっては何を揃えるべきなのかわかりませんよね。

キャンプ道具の中でも寝袋は最重要アイテムですが、「暑い夏に寝袋は必要なのか?自然の中でのキャンプは寒いのか?」と疑問を持つ方も多いと思います。

そんな夏キャンプの寝床に関する悩みについて、私の経験や実際にどうしているのか等を踏まえてまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

夏のキャンプに寝袋は必要か?

まずは結論から。

夏のキャンプに寝袋は必要ではありません。

しかし「あった方がいい」アイテムです。

なぜ夏キャンプに寝袋がいらないかと言うと、”シンプルに暑いから”です。

暑い夜にわざわざ布団を被って寝る人は少なく、薄手のブランケットで充分ですよね。

キャンプでも同様にブランケット等で事足りることが多いんです。

実際、私も寝袋はもしもの時のために一応用意するぐらいで、使用頻度はかなり低いです。

それでも必要なシーンがあるということはキャンプを楽しむためにも知っておくと良いです。

知っておきたい注意点

夏のキャンプに寝袋は不要と紹介しましたが、必ずしも不要という訳ではありません。

では、どんな時に注意するべきなのか?

寝袋や防寒対策が必要になるパターンを紹介します。

標高が1,000以上のキャンプ場

標高が高いキャンプ場は冷え込むことがあるため注意が必要。

なぜかと言うと、標高が100m上がる毎に気温は0.6度下がるからです。

標高が1,000m以上となると、市街地と比べて6度以上の気温差があるため、真夏でも朝晩は肌寒くなることがあります。

このような場面では寝袋がないと快眠することは難しいです。

雨天のキャンプ

雨天時のキャンプは夏でも想像以上に冷え込むことがあります。

太陽が出ていないことや体が濡れること等様々な要因が考えられます。

雨天でのキャンプはあまり多くはないと思いますが、グループ単位でのキャンプになると「折角予定を合わせたし・・・」と強行することもありますよね。

この様なシーンでは防寒対策はもちろん、寝袋も準備しておいたほうがいいと思います。

私も8月のキャンプで天候に恵まれず、雨キャンプをしたことがあります。

標高800m程度でしたが日中もかなり冷え込みしんどい思いをしました。

皆さんはそんなことの無いようにしっかりと準備をしましょう!

強風でのキャンプ

キャンプは天候に大きく左右されるもの。

雨はもちろん風にも注意が必要です。

風が強いと体感温度がガクッと下がります。

一般的に風速1m/s上がると体感温度は1℃下がると言われているので、風があるだけでも環境が大きく変わるのがわかりますよね。

寝袋を買うなら何がおすすめ?

これまでの話から夏でも寝袋は持っていたほうが心強いことがわかります。

しかし、寝袋には夏用や3シーズン用、冬も使えるオールシーズン用があるので「どれを買ったらいいのかわからない!」と思う方は多いと思います。

「最初に買うべき寝袋はコレだ!」「アレを買えば間違いない!」と言いたいところですが、私は人によってオススメする寝袋を変えています。

おすすめするパターンは2通りで「購入する方が今後もキャンプやアウトドアを続けそうか」を重要視しています。

①今後もキャンプを続けるかどうかわからない方 ⇒ 「3シーズン用」寝袋

②今後もキャンプを続ける方 ⇒ 「オールシーズン用」&「コンパクト」な寝袋

なるべく無駄遣いしないためにも、自分がどちらのタイプなのかをしっかりと見極めましょう!

けーし
私が友人に勧める場合は「オールシーズン用」をおすすめしています。冬キャンプに連れて行けばハマること間違いなしなので^^

私の夏キャンプの寝床事情

ここからは私が夏キャンプでどのように寝ているのかを紹介します。

ずっと続けている方法で、また快適に眠れているので参考になるかと思います!

実は重要なテント選び

夏のキャンプは夜でも暑いのでテント選びも実は重要。

気にするポイントはテントの通気性です。

メッシュが付いていてテント内に風が入り込む構造になっているかで大きく寝心地が変わってきます。

私がよく夏に使用するテントはMSRの「ハバハバNX」です。

インナーテントにメッシュ素材が多く使われているため通気性がよくかなり涼しいです。

けーし
サーカスTCやツインピルツフォークTCのインナーテントとして使用することが多いです。

寝袋替わりのブランケット

夏の夜は暑いので寝袋は要りませんが、その代わりにブランケット等があると良いです。

寝るときに何かを掛けていないと眠れない人って意外と多いですよね。

私もそのひとりで、タオルケット1枚でもあると落ち着けます。

私が使用しているブランケットは定番のペンドルトンのブランケットです。

見た目がお洒落で、肌触りも良くて気に入っています。

けーし
サイトに1つでもあると映えますよ!

コットで快適さ・通気性UP

キャンプ用ベットとして使用されるコットは地面の凸凹の影響をなくせるので寝心地が向上します。

それ以外にもコットの下部に空間ができるため、通気性が格段に向上します!

寝苦しい夏でも快適に眠れること間違いなしです!

私が使っているコットは2種類あり、どちらもWild-1オリジナルブランドのQualz製でハイコットとローコットを所有しています。

この2つはテントやレイアウトによって使い分けています。

最近は2wayのコットが多く販売されているので、これから購入される方はそちらがおすすめです!

私が新しくコットを購入するとしたらwaqの2wayコットにすると思います。

友人が持っていたので試させてもらいましたが、ちょうどいい具合に沈み込み快適でした!

性能が良くかなりコスパの高いアイテムだと思いますよ!

参考までに商品のリンクを貼り付けておきます。気になる方はご覧ください。

マットで寝心地UP

マットは季節に関係なく必要なアイテムです。

コットだけでも良いですが人によってはまだ寝心地が悪いと感じる方もいるかと思います。

より快適に過ごすためにはマットは必要です。

私は3種類のマットを所持していますが、今回はメインで使用しているマットのみを紹介します。

メインで使用しているのはサーマレストのZライトソルです。

折りたたみ式で収納・展開がめちゃくちゃ楽なんです。

インフレータ式のマットも持っていますが手軽さに関しては天と地ほどの差があります。

寝心地も良く、超おすすめのアイテムです!

さらに快適に過ごすためのアイテム

ポータブル扇風機

充電式のポータブル扇風機があると暑い夏でも少し快適になります。

特に日中は熱中症の危険もあるので持っておくと良いと思います。

私はAmazonで購入した安物のポータブル扇風機を使用していますが十分快適に使えていますよ。

こちらもおすすめです!

夏キャンプに出掛けよう

夏キャンプの夜は結構暑いので基本的には寝袋は要りませんが、キャンプ場の標高や天気によってはしっかりとした防寒対策が必要です。

キャンプ前には天気と気温をチェックして、暑熱対策または防寒対策を実施しましょう!

それではGood Camping!

スポンサーリンク

-寝袋・マット・コット
-,

© 2022 Camp On Fleek Powered by AFFINGER5